資料の紹介

 テレワークやクラウド利用の拡大に伴い、ネットワークのトラフィックは増加の一途をたどっている。これに伴い、企業の基幹システムでサーバーのレスポンスが悪化し、業務に支障をきたすケースが増えているという。

 このようなトラブルが発生した場合は、原因や障害箇所を一刻も早く特定して対策を打ち、ビジネスへの影響を最小限にとどめる必要がある。だが、最近のネットワークは複雑化しており、ネットワークのどこで何が起きているのかを迅速に検知することは、ますます困難になりつつある。

 本資料では、レスポンス悪化の原因究明や復旧を迅速化する手段として、帯域状況やネットワーク遅延時間、パケットロスなどを常時監視、すべてを一つの画面で可視化するツールを提案する。「レスポンス悪化の要因特定」「ネットワークの問題箇所特定」など、目的別の使い方も、画面例とともに紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。