資料の紹介

 基幹系ミドルウエアのクラウド移行が加速している。クラウドサービスには、基盤からアプリケーションまでベンダーが提供するSaaSと、基盤のみを提供するIaaSがあるが、ミドルウエア込みでクラウドに移行する場合、運用を変えずに移行できるとしてIaaSが採用されることがほとんどだ。

 しかし、IaaSはクラウドベンダーの責任範囲が広いSaaSとは異なり、ミドルウエアやアプリケーションに関してユーザー自身による障害対策が求められるので注意が必要だ。例えば、基幹系システムによく使われるジョブ管理ツールがシステム障害などで動かず、予定していたジョブが実行されなかったら、業務に多大な影響が出てしまう。

 本資料では、システム運用管理ツール「JP1」のジョブ管理機能「Automatic Job Management System 3(AJS3)」について、クラウドでの障害対策の必要性と、実際にクラウド上で使う際にお薦めの対策法を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。