資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの人が外食を控え自炊に切り替えるなど、いわゆる“巣ごもり需要”が高まった。そのため、一部の食品にニーズが集中し、一時品薄になるといった現象も起こった。

 このように、食品へのニーズは社会の動きに応じて目まぐるしく変化する。食品メーカーが競争力を維持し強化するには、その変化に素早く対応する必要がある。そこで役立つと期待されるのが、デジタル技術を使った開発シミュレーションだ。

 本動画は、食品加工・製造の機械開発にかかる時間とコストを削減するシミュレーション技術について解説する。動画では、パンや七面鳥をオーブンで焼く工程、製氷機で氷を作る工程、飲料や食品を容器に充填する工程などのシミュレーション例を見ることができる。食品の原材料やその配合、加工機械の設計などの改善アイデアをすぐに仮想世界で“形”にして見ることで、開発を迅速に効率よく進められるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。