資料の紹介

 「データは21世紀の原油」と表現される。これには2つの意味がある。1つは、データが重要であるという意味だ。自動運転車やAI(人工知能)、機械学習、IoTはもちろん、営業やマーケティングなどの分野でも、いまやデータがなければ業務が成り立たない。

 もう1つは、データは精製が必要だという意味だ。原油は精製されることでガソリンや各種消費財へと姿を変える。データも同じだ。クレンジング、検証、重複排除、継続的監査といった精製過程を通じて、分析に耐えうる高品質なデータへと変貌する。データを本当に活用しようと思ったら、企業は「データの品質」にもっと注意を払うべきなのである。

 本資料では、データを活用するにあたって最も重視すべき「データの品質」について述べる。データの品質とは何かから、高品質なデータが持つ4つの条件、高品質なデータが企業にもたらす価値、データ精製に優れたパートナー選びまでを分かりやすく解説している。データの重要性は認識していても、「データの品質」まで意識できている企業は少ない。本資料で、その重要性を理解したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。