資料の紹介

 企業が、データ量の増加やグローバルなビジネスニーズ、顧客が求めるリアルタイムの体験に対応するには、強力なデータ基盤が不可欠だ。こうした中で、従来のデータウエアハウスは、新しい需要にもはや太刀打ちできなくなっているばかりか、最新のデータ戦略を構築しようとする際の足かせにすらなっている。

 今日のデータの増加と、顧客のニーズを先取りするために必要なスピードに対処するには、新しいツールが必要だ。人工知能(AI)と機械学習を利用した予測分析は、すでに小売業のような業種における意思決定のあり方を変えつつある。しかし、担当者のスキルや、AIのメリットや使い方に対する経営層の理解不足が課題となっている。

 本資料では、最新のデータウエアハウスを構築する際の課題や、最新のクラウド・データ・プラットフォームでできることについて説明する。AIや高度な分析をより身近なものにするツールを用いて大規模なデータセットをインタラクティブに分析することで、分析情報を共有し、顧客分析を使用して、より良いプロダクト体験の構築が可能となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。