資料の紹介

 AI(人工知能)、特にディープラーニング(深層学習)が画像処理技術などへの応用で成果をあげるにつれて、AIをビジネスに活用しようとする動きが本格化してきた。しかしそれに伴い、現場では様々な課題が浮き彫りになっている。

 その一つとして、AI活用では多様かつ高度なソフトを複雑に組み合わせるため、システム構築やテスト、運用に携わるIT担当者の負担が大きくなることが挙げられる。さらに、AI技術者個人の環境で開発したモデルを本番環境で再現することが難しかったり、GPUマシンを導入したものの初期設定に手間がかかったりすることもある。

 本動画では、AIプランナー大西可奈子氏が、サーバーや仮想化ベンダーの担当者らと共に、AIのビジネス活用における課題についてディスカッション。その後、解決策の一つとして、AI向けのオールインワンソリューションを提案。さらに事例として、NTT東日本の「映像AI解析プラットフォーム」を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。