資料の紹介

 DX(デジタルトランスフォーメーション)時代において、ビッグデータ分析の基盤となるデータウエアハウスの見直しが求められている。古いアーキテクチャーで構成された従来型のデータウエアハウスは部門ごとのサイロ化を招き、円滑なデータ共有が困難だからだ。これらは俊敏なデータ活用を妨げる要因となる。

 課題解決の手段として、クラウドネイティブなデータウエアハウスが脚光を浴びる。すでに主要なパブリッククラウドが実装済みだが、事業継続性や目的別のソリューション開発といった観点から戦略的にマルチクラウドを採用する動きが盛んになってきた。特定のクラウドサービスに依存しないデータウエアハウスの重要性は、ますます高まっている。

 本資料では、多様なワークロードに一気通貫で対応するデータウエアハウスを紹介する。アマゾン、マイクロソフト、グーグルの3大クラウドとシームレスに連携し、社内・社外を含めた関係者が自由に活用できるデータ基盤を提供するという。SaaS型で提供されるため運用が容易で、課金が1秒単位の従量制であることからコストパフォーマンスにも優れており、海外・日本を含めて数多くの導入実績がある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。