資料の紹介

 大手SIerの日本ビジネスシステムズ(JBS)は、オンプレミスのファイルサーバーを廃止し、ファイル共有基盤として「Microsoft 365」の運用を開始した。併せて、以前から使っていた「Microsoft Teams」と「SharePoint Online」へのガバナンスを強化し、データ保護・運用管理工数を削減するために、Microsoft 365向け運用管理ソリューションを導入した。

 JBSが利用していたファイルサーバーでは、人事異動や組織改編に伴うアクセス権の変更や、セキュリティ保護のための操作ログ監視などの運用管理タスクがIT部門の大きな負担となっていた。加えて、ファイルサーバーと併用していたTeamsではデータ量の爆発的な増加とチーム管理の煩雑さが、SharePoint Onlineでは不要なサイトの乱立がそれぞれ問題となっていた。

 本資料では、JBSがファイル共有基盤のMicrosoft 365移行を決定するまでの経緯と当時の課題、運用管理ソリューション導入の理由と効果について紹介する。同ソリューションは、データ保護/バックアップ、運用管理強化、ガバナンスなど包括的な機能を備えており、Microsoft 365に関連する各種タスクに対応できることが選定の決め手となったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。