資料の紹介

 昨今、テレワークの普及や働き方改革の推進などにより、働く場所や時間を自由に選べる分散型ワークを導入する企業が増えている。多様な働き方によって1人ひとりのパフォーマンスを向上できる利点がある一方、拠点の分散や労働時間の多様化により、チームや部門間のコミュニケーションや情報共有の難しさが課題となっている。

 こうした分散型ワークにおける情報共有には、企業内で統一したコミュニケーション基盤を構築することが重要だ。どのようなビジネス向けコミュニケーションツールを選択し、それをいかにうまく使いこなすかがカギを握る。

 本資料では、ソーシャル経済メディア「ニューズピックス」の事例を基に、コミュニケーションツールとクラウド営業支援システムの連携がもたらした「多様な働き方の実践」を解説する。同社担当者は、「ニューズピックスの事業成長は、これらによって支えられていると言っても過言ではない」とまで語る。働き方改革をさらに推進しようと考えている企業のシステム担当者は、ぜひ参考にしていただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。