資料の紹介

 AI(人工知能)はあらゆる分野で導入・活用が進み、成果を上げつつある。特にインパクトの大きい分野が「サプライチェーン管理」だ。「計画」「調達」「製造」「納品」「返品」の5つのプロセスからなるサプライチェーン全体でデータを横断的に収集し、AIで分析することで企業は様々なメリットを得られるからだ。

 例えば、需要を正確に予測できれば、最小限の調達でムダのない生産が可能になり、過剰在庫を心配する必要はなくなる。また、材料や部品を追跡して偽造品を防いだり、温度、衝撃、湿度などを記録して品質を担保したりできる。さらに、スマートファクトリー、バーチャルアシスタント、ドローン、自動運転車なども、AIによって変わるサプライチェーンの一部だ。

 本資料では、AIがサプライチェーン全体に与える多大な影響について具体的な事例を交えて解説する。さらに、全社でAI活用を進めるにはAIの専門家チームとビジネス部門とのコラボレーションが不可欠なことにも言及している。AIがサプライチェーン管理にいかに巨大なインパクトを与えるのか、ぜひ確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。