資料の紹介

 いまやデータは、企業の変革やビジネスの成長に欠かせない重要な資産だ。ただし、データを資産として活用するには、データを適切に管理できることが大前提。つまり、正しい「データ管理プラットフォーム」を選ぶことからすべてが始まるのだ。

 では、正しいデータ管理プラットフォームの条件は何か。1つは「多様性」。既存システムとクラウドネイティブ環境、さらにコンテナや機械学習にも対応できなければならない。2つ目は「統合」。オンプレミス/クラウドを問わず、データの作成場所に関係なく最新データにアクセスできる必要がある。そして3つ目が「自動化」だ。増大するデータを適切に管理するには、自動化の仕組みが欠かせない。

 本資料では、正しい3つの条件を兼ね備えたデータ管理プラットフォームの10のメリットを解説する。例えば、同プラットフォームを使用すると、オンプレミス/クラウドで同じデータベースを利用できオープンソースも活用できる。また、無停止でバッチ適用や自動チューニングも可能だという。ぜひ、最新のデータ管理プラットフォームの実力とメリットを確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。