資料の紹介

 働き方改革の推進や新型コロナウイルスのパンデミックにより、多くの従業員がオフィス外で仕事をするようになり、企業はクラウドを基盤とした新たなインフラの整備を急ピッチで進めてきた。働き方の多様化に起因する新たなセキュリティリスクへの対策も急務であり、中でも、情報漏洩リスクへの対策は喫緊の課題と言われている。

 テレワークの普及によって、社員はあらゆる場所から必要な情報にアクセスできるようになり、社外の関係者とも頻繁に情報共有している。このような状況では、アクセス権の管理に加え、二要素認証やアクセスログ管理も必須になる。従来のようなイントラネットありきの境界型アプローチではなく、ターゲットである「情報・コンテンツ」を、悪意はもちろんのこと、過失からも守るゼロトラストによるアプローチが有効だ。

 本資料では、働き方がかつてなく多様化した時代に求められる、新しい「コンテンツセキュリティ」のあるべき姿を解説したうえで、具体的なソリューションを紹介する。過失による情報漏洩防止、AIによる不正検知など、ニューノーマル時代の企業に求められるセキュリティ対策の要件を理解できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。