資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)化があらゆる産業で進む中、これまで部署ごとにオンプレミスで運用していた各種システムをクラウドに移行する動きが加速している。

 システムをクラウドへ移行すると、オンプレミス環境とは違い企業内で物理サーバーを購入する必要がなくなることから、面倒な稟議(りんぎ)が不要となる。運用管理の手間もなくなり、人員を他の業務に専念させることが可能になる。では、費用面はどうだろうか。コストが肥大化していないだろうか。クラウドの費用は、クラウド上の仮想サーバーの使い方を見直すことで、削減できる可能性がある。

 本資料では、仮想サーバー利用を最適化し、クラウドコストを削減するサービスについて紹介する。現在のクラウド利用状況を可視化し、人工知能(AI)によってコスト削減プランを作成。より安価な契約への切り替えをサポートする。DX時代に必須となるデータ移行やデータ管理を支援する様々なサービスに関する情報も提供するという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。