資料の紹介

 デジタル変革(DX)の進展に伴い、ITサービスに対するニーズはさらに広く、深いものになっており、ITサービスマネジメントの重要性が改めて認識されている。ITサービスマネジメント(ITSM)とは、情報システムを利用者視点のITサービスとしてとらえ、ITサービスの安定提供と継続的改善を管理する活動だ。

 多くの企業がITSMの実践に活用してきたのが、ITSMの成功事例を体系化したガイドラインである「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」だ。最新バージョン「ITIL 4」では、ITサービスの「価値」にフォーカスし、組織、技術、運用などを包括したマネジメントのあり方を定義している。

 本資料では、ITSMの必要性と成功ポイントを分かりやすく図解した後、ITIL v3と比較したITIL 4の特徴を解説。さらに、自動化機能や分析機能、各種のツールとの連携機能を備え、国産で初めてPinkVERIFY ITIL 4認証を取得したというツールを紹介。PinkVERIFY ITIL 4の審査ポイントを、同ツールでどのように実現できるかを示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。