資料の紹介

 テレワークやクラウドの普及で、従業員はどこからでもデータやツールにアクセスできるようになった。加えて、デジタル変革やIoT(モノのインターネット)の導入が進んだ結果、ITインフラにおける「社内」「社外」という概念はなくなりつつあり、サイバー攻撃や内部犯行のリスクは多様かつ深刻なものになっている。

 このような環境の変化を受け、世界中の多くの企業や組織が注目しているのが「ゼロトラスト」である。ただし、ゼロトラスト自体は製品でも技術でもなく、「信頼せず、常に検査する」を原則とする戦略/概念であるため、多種多様な解釈が存在し、そのことがユーザーの混乱につながっている。

 本資料では、2021年7月に実施した調査の結果から、国内企業のゼロトラストに対する取り組みの進捗状況や成熟度、課題を定量的に分析。「原則の遵守」「エンドポイント」「サプライチェーンマネジメント」など20項目の取り組み状況も示したうえで、企業の取り組みの成熟度を左右する要因について、考察している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。