資料の紹介

 Solaris SPARCシステムは、SolarisとSPARCサーバーが一体となって実現する安定性や信頼性が評価され、さまざまな産業系システムを支える存在として活用されてきた。近年ではハードの老朽化やエンジニア不足などから、今後の運用をどうするかが課題になっており、デジタル変革を進めるうえでの「技術的負債」と見なされることもある。

 さらに、Solaris 10のサポートは2024年1月に終了し、セキュリティパッチが配布されなくなってしまう。Solaris 10のユーザー企業は、オンプレミスのまま後継のSolaris 11.4にアップデートしてSPARCサーバーを使い続けるか、ハードによる制約を受けることなくSolaris SPARCシステムを利用できるクラウドに移行するか、選択を迫られている。

 本資料では、Solaris 10ユーザー向けに、Solarisをクラウド化した場合のメリットと、「リフト&シフト」でオンプレミスからクラウドに移行する際の手順について説明する。Solaris 10でCOBOLなどの言語を使っている企業の場合、Solaris 11.4のクラウド環境へ移行することで、2034年まで延長サポートを受けられるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。