資料の紹介

 VDI(仮想デスクトップ)の導入を検討する企業が増えている。パフォーマンスやセキュリティを維持しつつ、インターネットに接続して場所や時間を問わず業務を遂行できることに加え、個々のパソコンに対するソフトウエア更新やセキュリティ設定に伴うIT担当者の負担も軽減できるからだ。

 ただし、VDIを導入する際には、オンプレミスにするのか、クラウドベースのDaaS(Desktop as a Service)にするのか、また、プラットフォームには何を選ぶのか、など、いくつもの選択肢がある。実際の用途や処理量などを適切に見積もることなく要件を決めてしまうと、リソースの過剰割り当てや過剰コストが発生することになりかねない。

 本資料では、IT部門がVDI導入を検討する際に留意すべき5つの重要なポイントについて解説する。これらのポイントを押さえておけば、実際のニーズを確実に満たすVDIプラットフォームを特定し、今後数年間にわたって適正なコストでVDIを展開できるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。