資料の紹介

 VMware環境の仮想サーバー群で稼働するソフトウエア資産を、現在の技術に合わせてどう最適化するか。これは、多くの企業のIT部門が直面する課題だ。物理サーバーへのリプレースも一つの方法だが、もう一つの選択肢として、パブリッククラウドを検討する企業も増えている。

 クラウドではコンテナ、マイクロサービス、DevOpsなどの最新技術を利用できるが、既存のアプリケーションをこうした技術で作り替えるには、相当な労力とスキルが必要になる。そこで、まずは既存アプリをそのままクラウドで動かし、その後、最新技術に合わせた設計に変えていく「リフト&シフト」のアプローチが有効とされている。

 本資料では、既存アプリケーションをクラウドにリフトする際の要件を整理したうえで、リフト先として多くの実績をもつクラウドサービスの仕様について、これらの要件への適合性も確認しながら紹介する。大規模EC(電子商取引)サイトをオンプレミスからクラウドへ移行したアパレル系企業などの取り組みにも触れる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。