資料の紹介

 TwitterやInstagram、Facebookなどのソーシャルメディアの台頭が、企業のマーケティング活動に大きな影響を与えたことは紛れもない事実である。その変化を一言で表現するなら、「消費者を中心としたマーケティング」。ルールを決めるのは企業ではなく消費者だ。このため、企業はソーシャルメディアの最新動向を常にウオッチしておく必要がある。

 そのソーシャルメディアの2022年に向けての10大トレンドを解説したものが本資料である。「SNSを席巻するTikTok」「SNS広告とCookie規制」「成熟期を迎えるインフルエンサーマーケティング」など、いずれもマーケティング担当者なら気になるものばかりだ。

 本資料は、70人以上のデジタルマーケティング・通販事業・SNS業界の最前線で活躍しているキーパーソンの予測、消費者へのアンケート調査、AI(人工知能)を活用した分析ツールによる分析を基に予測された。各トレンドに対するキーパーソンのコメントや、トレンドを象徴する事例も掲載されていて理解も進みやすい。ぜひ目を通して、これからのマーケティング活動に生かしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。