資料の紹介

 在宅勤務やDX(デジタルトランスフォーメーション)によるクラウド化促進などにより、場所やデバイスを問わないデータアクセスや業務用アプリケーションの利用が日常となってきた。それに伴い、いま最も注目されているセキュリティモデルが「ゼロトラスト」である。

 ゼロトラストは、従来の「信頼しているが検証する」ではなく、「検証してから信頼する」との概念であり、原則としてすべてのアクセスを信頼しない。判断の基準はユーザーのアイデンティティー、地理的情報、ビジネス上の役割、データの重要度などの複合的なコンテキスト要素であり、実現に向けてはコンテキストの継続的な評価が不可欠になる。

 本資料では、ゼロトラストを実現するSASE(Secure Access Service Edge、サシー)を導入する際の課題と対策を、フェーズ1~5の5段階に分けて詳しく解説する。SASEとは、ネットワークとセキュリティの機能をクラウド経由で提供し、一元的な管理を可能にするアーキテクチャーのこと。脅威からのリスクを低減しながらも、素早いビジネス展開を可能にする。ゼロトラストを検討しているセキュリティ担当者や経営者は、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。