資料の紹介

 検索連動型広告(リスティング広告)は、多くの企業がWebマーケティングの柱の一つとして採用している施策だ。だが、新規ユーザーの集客をしないまま、このような「刈り取り型」の施策を続けていると、訪問者は「広告を見なくても購入する層」と「広告を見ても反応しない層」に二分され、Webマーケティングの効果は下がっていく。

 重要なのは、「自社の商品をまだ認知していない層」や「興味・関心が低い層」にもアプローチして、新規ユーザーを集めること。しかし、見込みのある新規ユーザーを集めるには、広告をただばらまくのでは不十分で、商材と親和性の高いメディアに掲載することがカギとなる。

 本資料では、Webマーケティングにおける「刈り取り型施策」偏重の弊害と、新規ユーザー獲得の重要性を解説。さらに、新規ユーザー獲得策として、独自の配信手法と告知フォーマットで、ユーザー体験の向上と広告効果の両立を図る広告配信サービスを詳しく紹介する。告知フォーマットの例や配信先メディア、料金体系などを確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。