資料の紹介

 不動産賃貸における保証サービスを提供するオリコフォレントインシュアは、入居者のサポートや契約に関するやり取り、家賃を滞納している人への案内業務で、課題を抱えていた。入居者とは主に電話で連絡を取っていたが、なかなか電話に出てもらえずに何度もかけ直すことになり、工数がかかっていたからだ。最近は賃貸契約を結ぶ際に保証会社の利用を求められることが多く、同社の契約件数は増加し、手が回らなくなっていた。

 人手が足りずに現場はひっ迫し、連絡が遅れてクレームになることもあったという。また、電話業務は通話内容を簡単に記録できないなど、何かと課題が多かった。こうした課題の解決策として同社が選択したのは、SMS送信サービスだ。

 本資料は、電話業務をSMS送信サービスに置き換えたことで、大きな業務改善に成功した事例を紹介する。月2万件の電話業務を削減したことで、窓口担当者の労力を減らした。さらに、契約者には丁寧な案内ができるようになり、送信したSMSへの反響率も徐々に上がって、スムーズに連絡が取れるようになったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。