資料の紹介

 日本では少子高齢化が加速するなか、労働人口減少が深刻な問題となっている。それに呼応する形で、外国人労働者は2016年に100万人を突破。年々増加傾向にある。一方、労働者の国籍が多様化すると同時に、労働者の話す言語も多様になり、現場教育には大きな障壁となっている。

 例えば小売業では従業員教育と新規店舗オープンを同時進行しなければならない状況で、外国語のマニュアルがない、翻訳しようにも時間がかかるなど、外国人教育にかかる負担が大きくなっている。また製造業では、日本語でも難しい専門用語というハードルもあり、座学を繰り返しても理解してもらえないという事態が発生している。

 本資料では、外国人教育の問題を解決するための動画マニュアル作成を解説する。普段のOJT(On the Job Training)をスマートフォンで動画撮影するだけで、字幕も翻訳も自動的に生成。翻訳は100カ国以上の言語に対応する。鉄道系スーパー、食品工場、化学工場の現場担当者による生の声も紹介されており、その効果も確認できる。外国人従業員を活用しようとしている企業には必見の資料と言えるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。