資料の紹介

 コロナ禍を乗り切るために多くの企業が、テレワークとクラウドサービスを急きょ導入した。これに伴い、課題として浮上したのが、セキュリティリスクの拡大とネットワーク帯域の逼迫だ。通信の一極集中によるインターネットゲートウエイの帯域圧迫と周辺装置の負荷増大が、ユーザーの生産性に影響を及ぼしている。

 この課題を解消する手立てとして注目されているのが、ネットワークとセキュリティをクラウド上で統合管理する「SASE(Secure Access Service Edge)」である。オフィスや自宅からのアクセスを共通のセキュリティポリシーで管理でき、データセンターを経由せずインターネットに直接アクセスすることで、帯域の逼迫も回避できる。

 本資料では、SASEが必要になった背景、SASE導入にあたって重視すべきポイントについて簡潔にまとめた後に、具体例として、クラウド提供型の次世代ファイアウオールソリューションを紹介する。SaaSで提供するため、OSバージョンアップなどのメンテナンス作業が不要になる点もメリットだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。