資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が、あらゆる業界において指摘されるようになった。こうしたトレンドを受けて、製造業界においても、企業間競争は新たな局面を迎えつつある。しかし、製造業の企業のほとんどが現在、製造現場におけるDXに未着手、あるいはDXの初期段階にある。

 その大きな理由の一つに、DXに必要となる大量のOT(Operational Technology:制御・運用技術)データを収集できないことが挙げられる。OTデータ自体は以前から取得されているが、その目的が「監視と管理」から「最適化」へと変化する際に促される定性的および定量的な変更に対応できていないのだ。

 本資料では、DX時代においてOTデータに求められる定性的変化および定量的変化により、浮き彫りになった4つの課題(不十分なデータ、使用できないデータ、不完全なデータ、脆弱なデータ)を挙げ、それぞれの対策を説明する。扱いが難しいOTデータを使いこなし、産業DXを成功させるためには、基本に立ち返ることが鍵となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。