資料の紹介

 人材募集の「テレワーク可能」という項目は、すでに魅力的な条件となりつつある。今後、優秀な人材を採用するには、テレワークは“当たり前”となるだろう。問題は、その中身だ。具体的には、真の意味で「場所を選ばない働き方」を提供することが求められているのだ。

 例えば、急増するサイバー攻撃に対するセキュリティ対策が確立されていなければ、従業員は安心して自宅で働くことができない。また、どこにいても社内と同様のパフォーマンスでアプリケーションを使えなければ、働く意欲をそがれてしまう可能性がある。さらに、問題が起きたとき、迅速にサポートやヘルプデスクのサービスを受けられることも大切だ。

 「場所を選ばない働き方」を提供するには、統合エンドポイント管理、デスクトップとアプリケーションの仮想化、Secure Access Service Edge(SASE)、エンドポイントセキュリティ、の4つが必要になる。本資料では、この4つを統合的なソリューションで実現する方法を解説する。コロナ後に向けて、“従業員が働きたくなる”テレワーク環境の整備に、ぜひ役立ててほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。