資料の紹介

 「ローカル5G」は、企業や自治体が自身の建物や敷地内で独自の5Gネットワークを構築するための手法だ。通信事業者が持つ周波数を使って展開する公共向けネットワーク「パブリック5G」や特定エリア向けネットワーク「プライベート5G」と異なり、独自の周波数を使って運用する。

 ローカル5Gのメリットには、通信事業者の5Gサービス範囲外の地域でも5Gを活用できることや、外部と遮断された独自ネットワークを構築することでセキュリティ面でも安心して使えることなどがある。しかし、導入にあたっては課題もある。例えば、既存のシステムやネットワークとの統合が煩雑なことや、導入にコストがかかることだ。

 本資料では、信頼性の高いローカル5G環境を安価に構築できるとするソリューションについて紹介する。導入時には、用途やニーズに合わせて現場のシステムインテグレーターがサポートするという。この手法でローカル5Gを構築し、労働力不足の解消や労働者の安全確保に役立てているスマート製造業やスマート農業の事例も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。