資料の紹介

 ボットによる不正ログインを防ぐためによく使われている「CAPTCHA(キャプチャ)」。ログインや会員登録、問い合わせなどのページで、歪(ゆが)んだテキストの画像を読み取って入力するように促されたことのある人は多いだろう。人間なら容易に答えられるが、ボットには答えることが難しい質問を出すことで、ボットによる不正ログインを防ぐ仕組みだ。

 しかし、OCR(光学文字認識)技術などの進歩に伴い、CAPTCHAに対する攻撃も高度化している。これに対抗するために、CAPTCHAの難易度も上がっており、人間でも読み取りにくい画像が表示されるなど、サイトのユーザビリティを下げる一因になっている。いくらセキュリティを高めても、使いにくいサイトでは、ユーザーの不満や離脱を招いてしまう。

 本資料では、簡単操作と高精度の両立を図った新たなCAPTCHAをSaaSとして提供するサービスを紹介する。画像にピースを埋め込むパズルをユーザーに解かせ、画像と軌跡を分析することで、ユーザビリティを損なわずにボットを排除するという。特徴や使い方、実績、開発体制などについて簡潔にまとめている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。