資料の紹介

 新型コロナの感染拡大を事前に予測できた人はほとんどいないだろう。今回のパンデミックで特徴的な点は、ニューノーマルと呼ばれる新しい生活様式へと移行したことだ。コロナ前の常識が常識でなくなり、それまで順調に進められていたビジネスが突然、危機に陥った事例も数多く出てきた。

 例えば、企業向けの貸し会議室はその1つだろう。とりわけ需要の多かった都心ではオフィス縮小の流れが止まらず、テレワークの浸透を考えると以前のように人が戻ってくることは考えにくい。このままでは稼働率が下がっていくだけだ。もしあなたが経営者なら、赤字を垂れ流さないためにどのような決断を下すだろうか。

 本資料は、「コロナ禍で苦境に立たされたレンタルスペース店」を架空のシナリオで紹介し、ベストな経営判断を3択クイズで問うものだ。娘との何げない会話からひらめいたレンタルスペース店の経営者は、新たな収益源を生み出すことに成功したというストーリーが展開する。その施策が何かは、本資料で確認してほしい。鍵を握るのは、社会的なニーズの変化を敏感にキャッチし、迅速にビジネスを転換する姿勢だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。