資料の紹介

 市場の変化は、あらゆる分野で加速している。その中で競争優位に立つためには、変革し続けることが必要だ。そこで新しい技術やシステムが常に求められる。しかし、開発人材は世界的に不足しており、増え続ける需要に対応できていない。

 こうした背景から、将来を見据えて、連携しやすくて使い勝手の良い、ローコードアプリケーション開発プラットフォームの導入が広がっている。プログラミングの専門知識がなくてもアプリ開発が可能になり、ワークフローを自動化できることへの期待は高い。日本国内でも、アプリの内製化の動きは加速しており、ローコード開発の技術やツールはすでに普及期にある。

 本資料は、ローコード開発の実情と、得られるメリットについて解説する。適したツールを利用することで、開発スケジュールの短縮や、システムの柔軟な連携といったメリットを手にできる。また、ローコード開発プラットフォームに対する投資は、わずか3カ月で回収できるのだという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。