資料の紹介

 経済産業省が2018年に発表した「DXレポート」で有名になった「2025年の崖」。老朽化したレガシーシステムを使い続けることで企業の競争力がそがれるリスクを強調した言葉だ。実際、多くの企業がメインフレームやオープンレガシーシステムで運用されているシステムを最新のIT環境に入れ替えるレガシーマイグレーションに取り組んでいる。

 レガシーマイグレーションには「ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)」「リビルド」「リライト」「リホスト」といった方式がある。現行業務を見直すことから始めるBPRは手間もコストもかかるが理想的、一方、現行プログラムをほとんど変更せずに対応するリホストは低コストだが効果も限定的、とされている。しかし、単純にそう判断していいのだろうか。

 本資料は、企業にとっての最適解としてレガシーマイグレーションにおける「リホスト」を推奨し、リホストに有効な技術やツールを紹介したものだ。リホストでDX(デジタルトランスフォーメーション)に投資する原資を確保し、データ活用と運用の効率化を実現する。レガシーマイグレーションの具体策に悩んでいる企業は、ぜひ本資料でリホストの可能性を再確認していただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。