資料の紹介

 デジタル変革は企業にメリットをもたらすと同時に、新たなセキュリティ上の懸念も生み出している。新しい技術の導入によって攻撃対象が拡大され、攻撃者が侵入できる経路が増えるからだ。攻撃者の側も、クラウド、自動化、AIなどの最新技術を駆使し、より「洗練」された大規模な攻撃を展開するようになっている。

 一方のセキュリティ担当チームは、スキル不足、アラートの嵐、サイロ化したツール、脅威に関する情報不足により、対症療法的な作業に忙殺され、本来の機能を発揮しにくくなっている。攻撃者を突き止め、その意図、技術、プロセスを明らかにするためには、最新の脅威情報を収集・分析して提供する「脅威インテリジェンス」が不可欠になりつつある。

 本資料では、企業を取り巻く脅威の現状と課題を整理し、セキュリティの運用を自動化・効率化・高度化する「SOAR」プラットフォームによって、これらの課題がどう解決できるのかを解説する。拡張型SOARプラットフォームによって、脅威インテリジェンスの集約・評価・共有までを自動化でき、適切な対応を迅速に打てるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。