資料の紹介

 複数のクラウドサービスを活用したマルチクラウド環境を構築する企業が増えている。例えば、大容量データを保存するクラウドとデータに高速アクセスするクラウドを使い分けたり、複数のクラウドにデータを分散させて従業員が最も近い場所からアクセスできるようにしたり、といった具合だ。

 マルチクラウド環境では、セキュリティ対策も従来の単一クラウドとは異なる手法が必要となる。各クラウドサービスはそれぞれのセキュリティポリシーに基づいており、統合的な可視化とコンプライアンスの一貫した適用が困難だからだ。さらに、高度なクラウドのアーキテクチャーにデータが分散されているため、迅速な脅威の検出や復旧も難しい。

 本資料では、マルチクラウドのセキュリティ対策に最適なCSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理)について解説する。CSPMとは、クラウドにおける脆弱性や誤った設定、脅威を高い精度で自動的に監視し、アラートを発することができるセキュリティソリューション。複雑なセキュリティ環境を一元管理し、統一されたコンプライアンス体制での運営が必要なマルチクラウド環境で特に効果を発揮する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。