資料の紹介

 医療機関や介護施設で必要不可欠なナースコールの通信手段として、PHSが多く活用されてきた。しかし、PHSは、2021年1月に外線電話番号を利用した通話サービスを終了。屋内での内線番号による通話は今も継続使用可能だが、スマートフォンを利用することで、医療機関や介護施設の業務効率はもっと改善できる。

 例えば、ナースコール機能をスマホに移行すれば、患者からの連絡をより円滑に受けられるようになる。さらに、医療関係者の間でも、音声、文字、動画など様々な手段での情報共有が可能になる。その結果、施設利用者へのサービスの質も向上し、医療従事者など従業者の就業環境も改善できる。

 本資料は、医療機関や介護施設における様々なサービスや生命救助活動、施設運用管理に向けたスマホ対応の方法と、それを支える高品質Wi-Fiの無線インフラについて紹介する。ナースコールをはじめ院内で必要となる様々な機能を、スマホで対応できるようにすることで、患者のストレス軽減や従業員の生産性向上を実現するとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。