資料の紹介

 パブリッククラウドとオンプレミスを併用するハイブリッドクラウドや、複数のクラウドを適材適所に活用するマルチクラウドの導入が広がる中で、異なるプラットフォーム間でのシステム移行や、データの可搬性を担保するデータモビリティーに課題を抱えていないだろうか。

 活用するクラウド環境は、データをオンプレミスからクラウドに移行したり、移行したデータをオンプレミスに戻したりすることが柔軟にできて、さらにオンプレミス環境のストレージよりも安価に大量のデータを長期間、安全に保管できるものであることが望ましい。加えて、シンプルかつ容易な操作性を持ち、IT管理者の負担が減らせるシステムを選択したい。

 本資料は、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境への柔軟なデータ移行について、その課題と解決方法を、実機で行った検証結果を交えて解説する。導入する際、やはり実機での検証結果があると安心して検討できる。導入を検討している企業に限らず、導入提案を行うSIベンダーにとっても参考になる有用な資料だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。