資料の紹介

 企業のリモートワークによく使われている「レガシーVPN」は、手軽に導入できる半面、システム拡張が難しく、IDとパスワードさえ通れば社内システムにどこからでもログインできてしまう。そのため、IDとパスワードが盗まれた際に、重大なセキュリティ事故につながるリスクがある。

 そこで注目されているのが、ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)である。ユーザーや端末の様々な情報を都度確認したうえで、接続の可否や、接続経路、接続先をポリシーに従って制御する。また、危険なWebサイトへの接続をブロックするため、セキュリティリスクも抑えられる。

 本資料では、次世代ネットワークセキュリティの仕組みであるSASE(サシー、Secure Access Service Edge)を実現するステップを説明する。ZTNAを核とした「モダンなVPN」への統一が、SASE実現への第一歩にもなるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。