資料の紹介

 働き方の変化やクラウド利用が進み、ゼロトラストセキュリティに移行する企業が増えている。ただ、ゼロトラストセキュリティを支える技術は多岐にわたり、「ゼロトラスト」がバズワード化している面もある。故に、ゼロトラストを「採用している」という企業でも、その理解度や認識には差があるのが実態だ。

 ゼロトラスト関連で注目を集めている技術の1つに、ZTNA(ゼロトラスト・ネットワークアクセス)技術がある。VPNやクラウド、インターネットなどへの接続時に、デバイスの状況や場所、接続しているネットワークといったコンテキストを必ず確認し、動的なポリシーに従って、リアルタイムで接続を制御する。従来のVPN接続のように、IDとパスワードが通った後はどこへでもアクセスできてしまう状況をなくし、リスクを低減する。

 本資料は、ゼロトラストの考え方や基本技術、ZTNAの必要性について解説する。ゼロトラストを採用している「つもり」になって抜け穴が放置されていないか、セキュリティリスクを再確認しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。