資料の紹介

 経営陣が意思決定するうえで必要不可欠な予算・実績データ。各部門から提出されるデータを管理部門が集計し、資料として経営陣に提出するというフローを採っている企業も多いだろう。しかし、手作業中心の環境では、フォーマットの統一や数値の正確性担保に時間がかかり、詳細なリポートを作成できなかったりミスの温床になったりしかねない。

 こうした集計作業を自動化し、効率化に役立つのが経営管理クラウドサービスだ。表計算ソフトやオンラインスプレッドシートなどで管理していた情報を自動的に統合。データの分析・加工も容易で、予算・実績データの迅速な集計と正確性を確保し、経営会議における精度の高い意思決定を支援する。

 本資料は、経営管理クラウドサービスについて詳しく解説したものだ。データの集計・分析はもちろん、突然起こる組織変更や会計ルールの変更にも柔軟に対応する。多要素認証やシングルサインオン(SSO)などの高いセキュリティ機能も搭載。また、実際に導入した企業の事例も紹介している。経営陣から、より素早い集計とより正確な数値データの提出を求められ頭を悩ませている管理部門は、ぜひチェックしていただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。