資料の紹介

 支店や工場など複数拠点を持つ企業において、従業員から「ネットワークが遅い」という声が上がることがある。始業時にネットが重くなる、業務アプリケーションの反応が遅い、Web会議の通信品質が悪くて使いものにならないなどの現象だ。

 こうした問題は、本社やデータセンターなどのセンター拠点と各拠点とを閉域網で接続し、インターネットのゲートウエイをセンター拠点に集約するネットワーク構成で発生しやすい。Microsoft 365などのクラウドサービス利用やWeb会議の増加、リモートワークの常態化などによってトラフィックが急増した結果、センター回線がボトルネックになってしまうのだ。インターネット回線の増強で解決することもあるが、それでは“イタチごっこ”になりかねず、根本解決とは言いがたい。

 そこで検討したい対策が、クラウドサービスやWeb会議など使用目的を限定して各拠点から直接インターネットへとつなぐ「ローカルブレイクアウト」である。本資料は、ローカルブレイクアウトの効果的な導入方法を解説したものだ。実現する方法としてのSD-WAN(Software Defined WAN)や、ベストエフォート型回線と帯域保証型回線の選び方についても言及している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。