資料の紹介

 オンプレミスからパブリッククラウドへの移行を検討しているものの、なかなか踏み切れないという意見は根強い。パブリッククラウドに対するデータ保護の不安、規制やコンプライアンスの問題、オンプレミスの既存サーバーをどうするのか――。

 すでに導入している企業を見れば、素早く利用できること、管理負荷を軽減できること、コストの低減など、いくつものメリットを享受している様子がうかがえる。オンプレミスと併用している企業もある。ただ、オンプレミスとの併用は、調達や手配、運用の手間が増えてしまう場合もある。その手間を減らす選択肢になりうるのが「オンプレミスクラウド」と呼ばれる「良いとこどり」のソリューションだ。

 本資料は、オンプレミスクラウドについて、技術の概要と得られるメリットについて解説する。ハードウエアとクラウドサービスの両事業や、アウトソーシング事業、リモート運用サービスで培ったノウハウなど、多くの実績と技術を持つ企業だからこそ提案できる手法である。一考に値するソリューションとなるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。