資料の紹介

 AI(人工知能)の進化によって画像認識の技術は目覚ましい発展を続けている。2021年に開催された東京五輪でも活躍した顔認識や物体検知といった技術は、メディアにも取り上げられ、記憶にも新しい。これらは、人材不足という多くの日本企業が抱える問題を解消するにはうってつけの技術であり、「人の代行」「人のサポート」「データ活用」といった役割を担う。

 顔認識は、すでにスマートフォンでも本人認証として利用されており、これまでの受付業務や警備をはじめ、性別や年齢などの判別をマーケティングに利用するという動きも見せている。一方の物体検知は、人流や混雑状況の把握など交通インフラの管理に利用されるほか、侵入者や不審者の行動検知といった防犯にも活用されている。

 本資料は、「AIの目」つまり画像認識について説明したものだ。最新の技術動向を詳しく解説したうえで、画像認識によって解決できる具体的な課題を紹介する。併せて、画像認識技術の導入方法についても説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。