資料の紹介

 企業ITのクラウドシフトは一層進み、多種多様なクラウドサービスの利用が広がっている。また、コロナ禍でリモートワークが急拡大し、ネットワーク環境の見直しが進んだ。これに伴い、「すべてを信頼せず、常に確認する」を基本とするゼロトラストの考え方がセキュリティ対策の主流となりつつある。

 その実装手段として注目されているのが、SASE(Secure Access Service Edge:サッシー)だ。SASEは、ネットワーク機能とセキュリティ機能を統合したクラウドサービスであり、SaaSをはじめとするクラウドサービスの利用を前提としたネットワークや、ゼロトラストに基づくセキュリティ対策の実現手段として注目されている。

 本資料では、ゼロトラストの実現手段として、仮想化基盤ソフトウエアの大手ベンダーが提供するSASEソリューションと、それを構成するサービスを紹介する。さらに、安全なリモートアクセスに欠かせない基盤機能として、デバイスをセキュリティリスクから守る統合エンドポイント管理を挙げ、その働きとメリットを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。