資料の紹介

 「リモートワークではオフィス勤務に比べて帰属感や生産性が低くなる」。世界各国の知識労働者を対象にした調査で、こう回答した社員の比率が、日本企業に勤める従業員は他に比べて明らかに高いとする報告がある。こうした背景から、日本は「リモートワークに向かない国」と言われることもある。

 帰属感とは、社員がチームメンバーに受け入れられ評価されていると感じているかを表す指標である、この帰属感が低いと、仕事へのモチベーションが低下し、離職率の上昇につながる恐れがある。また、生産性の低下は、社員の業務負荷増大やサービス品質の低下を招き、業績悪化につながるリスクがある。

 本資料では、リモートワークを活性化し、帰属感や生産性の向上にもつながる3つのポイントについて解説する。また、その具体的な取り組みを支援するツールとその活用法、導入効果などの情報も提供している。実際のリモートワーク時に活用した利用者の声も掲載されており、帰属感や生産性の向上を実感できた理由を知ることもできる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。