資料の紹介

 テレワークが浸透したと言われているが、東京都でも週5日のテレワークを実施している企業は約4分の1にすぎないことが都の調査から判明している。実際は、在宅勤務と出社を併用するハイブリッドワークが大勢を占める。

 従業員が、場合によっては個人デバイスも使いながらインターネット経由で業務を行う在宅勤務はサイバー攻撃の標的になりやすい。そのうえ、出社時には同じ端末を社内ネットワークに接続する。セキュリティ対策に頭を悩ませているIT部門も少なくない。そこで注目されるのが、従来の社内/社外の境界型セキュリティにとらわれず、人・デバイス・通信すべてを検査するゼロトラストモデルである。

 本資料では、東京都やIPA(情報処理推進機構)の調査データに基づきながら、ハイブリッドワークに潜むセキュリティリスクを浮き彫りにする。IPAの「情報セキュリティ10大脅威2021」では、「ニューノーマルな働き方を狙った攻撃」が前年のランク外から急浮上し、深刻な問題となっていることが示された。そのうえで、ゼロトラストモデルを実現するには、インターネットの脅威から保護できるクラウド型セキュリティソリューションが最適だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。