資料の紹介

 デジタル化が進む中で、情報漏洩をいかに防ぐかは、企業にとって重要な課題となっている。顧客の個人情報や他社情報を流出させてしまった場合には、法的責任が問われ、社会的信用も失うことになる。

 遺伝子情報という非常に機微な情報を扱う企業となれば、なおさらだ。企業の定期健診や人間ドック向けに提供されるサービスも、最近では遺伝子検査サービスまで含まれるようになっている。こうしたサービスを提供する企業では、システムの運用・保守においてセキュリティとプライバシーは何よりも最優先される。一方で、コロナ禍によってリモートでの保守も求めらるようになった。

 本資料では、遺伝子情報を扱う健康経営支援サービス会社が採用した情報管理システムについて紹介する。遺伝子情報を守る「鉄壁」の守りも実現しながら、在宅でのリモート保守も可能にしたという。どうやって両立したのか。その秘訣を明かす。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。