資料の紹介

 三井不動産は、基幹システムのクラウド化を積極的に進めてきた。事業ごとに分かれていたシステムの統合を目指した共通基盤の構築に取り組み、すでにシステム全体の約80%がクラウド上で稼働しているという。その過程で同社は新たな課題に直面した。セキュリティの境界がネットワークからIDに変化したことで、新たなセキュリティ境界である特権IDの管理強化が必要になったのだ。

 従来は定期的な検査で特権IDを管理していたが、システム化していなかったため、システム障害などの緊急対応ではID申請が事後報告になることがあったという。これではセキュリティの穴になってしまう。この頃、内部犯行による情報漏洩事件も国内で発生していた。そこで同社は、特権ID管理強化のために「特権者管理基盤」を構築することにした。特権IDを持つユーザーの行動をすべて追跡し、何が起きたかを確実に追える環境を整えた。

 本資料では、三井不動産の特権ID管理ツール導入事例を紹介する。大規模なハイブリッド/マルチクラウド環境に対応したもので、複数のクラウドとオンプレミスをまたいだ運用の実例である。冗長構成とDR(災害復旧)対策も施されていることにも注目したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。