資料の紹介

 軽量で持ち運びしやすいモバイルノートPCの需要が高まっている。外出時でもオフィスと同じ環境で働きたいという要望に加え、新型コロナウイルス感染症拡大に伴いテレワークを採用する企業が増えているからだ。

 モバイルノートPCはかつて、「性能が不十分」「ストレージ容量が小さい」「外部インターフェースが少ない」「キーボードが打ちにくい」などの欠点が指摘されていた。しかし最近は、処理負荷の高い業務にも十分対応できる高性能の製品が登場している。外部接続インターフェースも豊富になり、キーボードも改良が進んだことで、重いA4ノートPCに代わるものとして注目を集めているが、実際の使い勝手はどうだろうか?

 本資料では、高級呉服や宝物の販売、レンタルといった事業を展開する「京都きもの友禅」などを傘下に持つ「YU-WA Creation Holdings」による、モバイルノートPCの導入事例を紹介する。オフィス業務はもちろん、デザイン系ソフトによる負荷の高い作業も、高性能のモバイルノートPCを導入することで快適に遂行できているという。PCをレンタルで調達することで、適切な機種の柔軟な調達が可能になり、PC導入作業の負担も軽減できたとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。