資料の紹介

 AI(人工知能)はもはや、一部の先進的な企業だけが活用したり、驚くような画期的な用途にのみ適用したりするテクノロジーではない。あらゆる業種の企業において、様々な用途を通して企業の生産性を改善している。AI専門メディアの調査によると、ビジネスリーダーの多くがAIによって「ビジネスプロセスの効率化」「新しいビジネスモデルの創出」「新しい製品・サービスの開発」が可能になると予測しているという。

 このため、AIで成果を上げるには、AIを組織の文化や運用モデルに組み込む必要がある。具体的には、分析チームやデータサイエンスチームなどの専門家だけがAIを使用したり開発したりするのではなく、AIの利用を多くの従業員の日々の業務に溶け込ませ、結び付けることが重要になるのだ。

 本資料では、日々の業務でAIを活用して成果を上げている企業に対する調査・分析を行い、そこから見えてきたAI活用に関する新たな知見や、2022年以降に起きると想定される3つのトレンドを解説する。AIを導入・活用する企業は、この3つのトレンドを意識することで、より自信を持ってAIのプロジェクトを推進できるようになるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。