資料の紹介

 現在、多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる。具体的には「業務のデジタル化・効率化」「デジタルを活用した働き方の変革」「ビジネスモデルの変革、新規事業創出」などだ。ただし、こうした企業にとって頭の痛い問題がDX人材の不足である。DXの推進とデジタル人材の育成は、いまや企業の大きな経営課題となっている。

 ある調査によれば、50%を超えるDX推進担当者が各現場レベルでDXを推進できる人材が必要と回答している。また、DX人材に必要なスキルとしては「ソフトスキル」「先端IT技術知識」「業務プロセスのデザイン力」の3つを挙げ、約87%の担当者がこうした知識・スキルを身に付ける学習機会が不十分だと回答している。

 本資料は、企業のDX推進に関わる約1000人を対象として、DX人材について調査したリポートである。DX人材不足の実態から、企業が求めるDX人材の知識・スキル、DX人材の育成まで、リアルな実態が報告されている。さらに、実践学習によるデジタル人材育成サービスについても紹介する。DXに課題を抱えている経営層やDX推進部署の担当者には、DXプロジェクトを進めるうえで役立つ参考資料となるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。