資料の紹介

 今日のパソコン用プロセッサーに求められるのは高性能だけではない。セキュリティや管理機能はもちろんのこと、地球温暖化問題が深刻な現在、エネルギー効率の高さ、さらには製造工程でどれだけ温暖化ガス排出量を削減できているかも重要になっている。

 セキュリティに関して言えば、ユーザーがパソコンにログインしたとき、重要なシステム情報の多くが暗号化されないまま物理メモリーに保存されていると、サイバー攻撃の対象になる可能性がある。だが、プロセッサーの機能によりシステムメモリーが暗号化されていれば、スタンバイモードのままであっても攻撃リスクは減らせる。

 本資料では、大手パソコン向けプロセッサーメーカーが、性能だけでなくセキュリティや管理性、地球温暖化対策まで求められるようになった現在、要件を満たす製品作りにどのように取り組んでいるかを紹介。さらに、競合製品との比較分析や、運輸、PCレンタル、映像制作分野における導入事例と効果を示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。